道路を走っているときや、お店に入るときに目につくのぼりには、それぞれ大きな宣伝効果になると言われています。のぼりは日本独自の文化で、その発症は室町時代だと言われていて、戦の時に敵味方の区別がつかなくなってしまうため、それぞれの軍勢でのぼりを作り、分別していました。縦長で人目につきやすいのぼりは、戦火が絶えても広告資材として活用が見いだされ、現代まで受け継がれてきたと言われています。また、のぼりは薄いため風が吹いたら簡単になびくような素材で作られており、縦に細長く文字が入れやすいため、多く立てることで宣伝効果が増し、また神社での祭や、国技館で力士の名前をアピールするために活用されることが多いです。のぼりは、宣伝効果、アピール効果が高いことから、今後もニーズに合わせた進化ができると言われています。

のぼりの種類と特製の生かしかた

最近では様々なデザインののぼりが出ています。その中で、多く使われている3種類ののぼりについて説明します。まずは「通常のぼり」です。これは縦長で最もスタンダードなのぼりで、風にはためくことで遠目からも目立ちます。また、なじみ深い形のため、誰の目にも違和感なく、伝えたい情報が飛び込んでくるため、抜群の認知力を発揮すると言われています。次に「ミニのぼり」についてです。これは、1つの商品をアピールするときに使われることが多く、商品の隣におくことでピンポイントな宣伝を行うことができます。次に「スウィングバナー」についてです。流線的な形状でビーチフラッグとしても使われるスウィングバナーは、数多く並べることで独特な動きがある印象を与えるため、車の爽快な走りを思わせることから、車販売店で使われることが多いです。このように、いろいろな種類ののぼりはその時の用途によって使い方を分けているのです。

のぼりの間隔は1メートル80センチが効果的で配色にも宣伝効果がある

のぼりは数多く立てれば効果的というわけではありません。立てすぎて密集させてしますと、店舗を隠してしまいお客様にも圧迫感を与えてしまいます。最も効果的な設置間隔は1メートル80センチです。この設置間隔は、日本人が昔から親しんできた尺貫法の単位の一つで、最も日本人になじむ間隔だと言われています。また、配色によっても様々な効果があります。同色ののぼりを設置することで、統一感がうまれ上品な雰囲気がかもしだされ、専門店としてもブランドイメージを強調したいときに有効です。また、1本だけ違う色ののぼりを立てることで、そののぼりを際立てることができます。おすすめ商品をアピールしたいときなどに有効です。また、違う色ののぼりを組み合わせることで、雰囲気が華やかになり、店舗の存在感をアピールすることができます。以上のように、のぼりの立て方や色使いによってさまざまな効果を生み出すのです。

サービス概要はのぼりの制作で、10000点以上の既成のデザインから、希望ののぼりを選ぶことができます。 自社製造だから安心の品質!多くの企業様とお取引中! お客様のデータを最長2年間保管させて頂きます。 年間18,000件。多くのお客様に喜ばれています。 別々のデザインでも総数計算でお得にご購入頂けます! のぼり旗の制作は専門店のこちらがおすすめです