正しい在庫管理システムの見方まとめ

在庫管理システムは複雑なシステムであり、機能やメニューも多数あります。しかし、業種や企業によって機能を選んで使えばよく、すべての機能を利用することはほぼありません。在庫管理システムを開発する側にとっては汎用性を高めることが重要であることからさまざまな企業に対応できる仕組みづくりが行われてきています。在庫管理システムを選ぶ際には機能の他にカスタマイズ性も重要です。システムにはたくさんのメニューがありますが、すべてを利用する必要はありませんし、企業によってはメニューをまとめておきたいという要望も多くなっています。そこで多くのシステムではメニューのカスタマイズが可能となっている場合が多くなっています。UIを微調整するだけで使い勝手が格段に上がるからです。

在庫管理システムにおいて機能の選び方

在庫管理は企業ごとにそれほどの差は無いのですが、細かい部分の違いがシステムの使い勝手に大きく左右すると考えられています。在庫管理システムでは特にピッキングと荷主管理に柔軟性をもたせるように作成されることが多くなっています。ピッキングについては複数倉庫にも対応してリアルタイム性を重視していますが、ピッキングに利用するハンディーターミナルの種類を増やしたり、タブレット化することでより使い勝手を上げる努力が行われています。また、通信回線も対応を増やしており、日本全国どこでも利用できる仕組みづくりが行われています。荷主管理についても同様にどのような企業でも対応できる仕組みが導入されています。特に複数の拠点をもつ荷主の対応については細かく制御できるように工夫されています。

在庫管理システムを選ぶ際の注意点

在庫管理システムは多数の企業が参入しており、競争が激しい分野です。しかし、多くのシステムは共通であり、細かい制御やカスタマイズ性でシステムの特徴が現れている場合が多いです。在庫管理システムを選ぶ際は、現在の在庫管理を十分に検討しながら、さらに最適化を行った後でシステムを選ぶことが重要です。システム側も柔軟性が上がってきていますが、物流の流れを変えるような状況ではシステムが対応しきれないケースが多いからです。また、現場の人間の動きを変える場合も要注意です。ハンディーターミナルからタブレットにするなど機材の更新は混乱の元ですし、ネットワークの確認も必要です。在庫管理をシステムに合わせるのか、人員に合わせるのかも検討してからシステムの選択をする必要がでてきます。